おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「キング・コング: 髑髏島の巨神」(Kong: Skull Island, 17)

 ベトナム戦争終結のころ、南海の未知の孤島に向かう調査隊の前にコングその他の怪獣さんたちが姿を現す。

 という予期していたとおりの内容と言えばそうなのだが、予期していなかったのは、これが「地獄の黙示録」のリメイクに近い作品だったということだ。

 トム・ヒドルストン演じる主人公の役名が「コンラッド」であるあたり、原案・脚本のダン・ギルロイも確信犯ですな。

 サミュエル・L・ジャクソンの"大佐"は"闇の奥"でおかしくなったちゃうし、川を進んでいくと未知の部族に遭遇する。そこでジョン・C・ライリーが、やあやあ、と登場するあたりは、「地獄の」でデニス・ホッパーが唐突に出てくるところとソックリで笑ってしまった。

 キング・コングというモンスターが、アフリカ人、ないしアフリカ系アメリカ人に対する白人の恐れのメタファーであるというのは常識と言って良いわけだが、今回はベトナム戦争をモティーフとすることで、アメリカ人が抱くアジア人に対する怖れがコングに投影されているような気がした。だから"大佐"はアフリカ系でなくてはならない。

 ベトナム戦争だし、日本人も登場するのだが、ここでの怖れは軍事的にも経済的にもアメリカの脅威となった(そして、
この作品に資本を投下している)中国におもに向けられているのではないかなあ。

 「GODZILLA ゴジラ」、この作品に続いてレジェンダリー・ビクチャーズは、今後も怪獣映画を制作していくとのことだが、怪獣とは何か、という問いに対してラブクロフト的世界観を本格的に投入してユニバースを構築していくつもりなのが、はっきりしたように見える。

 などと屁理屈をこねつつも、コングがたこと戦うと、わかってるねえ!と、すっかり嬉しくなる。怪獣映画として単純に楽しいです。

 ジョーダン・ヴォート=ロバーツの演出は、ハワード・ホークスを彷彿とさせると言っては、もちろん褒めすぎだし、らオール・ウォルシュと言っても、やっぱり褒めすぎだが、大雑把で繊細さを欠いている(ように見える)のが、逆にパワーやスピードに結びついている。

 主役のはずのヒドルストンが、怪鳥たちをばったばったとなぎ倒すところ以外はそれほど活躍しない(文句を言っているのではない。怪獣映画の人間側主人公としては、正しい立ち位置である。主役はあくまでもコング)代わりに、ライリーがイロイロな意味で大活躍。作品にユーモアをたっぷりと加えている。 レジェンダリー版のゴジラが(少なくとも直接的には)人を殺さなかったのと対照的に、今回のゴジラは容赦ないのも、これまでのコング映画とは一線を画しているので、全編にユーモラスな味付けがないと、ちょっときつかったと思う。

 自己犠牲の英雄的行為に臨もうとした奴が、まったくの無駄死に終わるところなども酷すぎて笑った。

 これでいいのだ。東宝の「キングコング対ゴジラ」だって喜劇だったもんな。





ポスター/スチール 写真 A4 パターン2 キングコング 髑髏島の巨神 光沢プリント



地獄の黙示録 劇場公開版/特別完全版 [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-06-24)
売り上げランキング: 2,579




闇の奥 (岩波文庫 赤 248-1)
コンラッド
岩波書店
売り上げランキング: 40,582




 やっぱ、タコでしょう。

キングコング対ゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]
東宝 (2014-07-16)
売り上げランキング: 3,053


# by broncobilly | 2017-03-26 10:31 | 映画評

「パッセンジャー」(Passengers, 16)

 人口冬眠を続ける乗客と乗組員五千名を乗せて、植民地惑星へ百二十年の旅を続ける巨大宇宙戦。
 ある時、どういうわけか乗客の一人であるクリス・プラットが目ざめてしまう。話し相手となるのはアンドロイドのバーテンダー、マイケル・シーンのみ。
 一人で余生を過ごすことに耐えられないプラットは、女性作家ジェニファー・ローレンスを覚醒させるのだが…。

 宣伝で"第二の「タイタニック」"などと盛んに言っているので、商魂たくましいなあ、と思っていたのだが、観てみると本当にそうだった。

 ブルーカラー労働者プラットとホワイトカラー、ローレンスの、身分違いのロマンスが描かれ、ブルーカラーの乗客たちは、植民惑星に到着しても年季奉公があらかじめ義務づけられている辺りも、新天地アメリカへ移民を乗せて向かっていたタイタニックとかぶる。

 ドラマのキモとなるのは、プラットがローレンスを覚醒させたことによって感じ続ける葛藤と罪の意識、事実がいつばれるのか、それに対してローレンスがどう反応するのか、というところ。

 その辺りはきちんと描いているし、特にローレンスが、状況に応じて変化するエモーションを、さすがの巧さで演じているので、見応えがあるとまでは言えなくても退屈はしない。

 プラットの覚醒の原因でもあったうち優先の不調の原因が明らかとなり、修理しなければ乗客全員死亡というところで、プラットが自らの罪をいかにして贖うかがポイントになってくる。

 この辺りをがっちりと描けば、例えば「アルマゲドン」のように自己犠牲をロマンティックに歌いあげるとか、ティプトリーJr.の傑作短編「たった一つの冴えたやり方」のようにがっちりと描けば、佳作になっていたかもしれない。

 ところが肝心なところで、かなり妥協した、ご都合主義の地点に着地してしまうのが、なんとも物足りない。

 この作品で結局描かれることのない"年月"を、もう少しでも突っ込んで語ることが必要だったのではないだろうか。

 もう少し突っ込んで、と言えば、アンドロイドのキャラクターも、通り一遍であった。

 悪かあないけど、とりたてて良くもない、という消化不良感が残った。




Passengers



たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
早川書房
売り上げランキング: 80,960


# by broncobilly | 2017-03-26 09:40 | 映画評

Hunt for the Wilder People (15)

 昨今のアメリカ映画大作は、そのほとんどすべてが"何なんとか・ユニバース"の続編とか、番外編とか、姉妹編ばかりで(実際はそうでもないのかもしれないが、感覚的にはそう)、公開されれば観に行って、それなりに楽しむのだが、もういいよ、という気持ちがないでもない。

 そんな中でも、ぼくは今年、特に二本の続編映画を楽しみにしている。一本は「パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊」、もう一本は「マイティ・ソー/ラグナロク」。なぜかというとですね。どちらも、ハリウッドの外から、ぼくの大好きな映画を撮った監督が招かれているから。

 「最後の海賊」はヨアヒム・ルー二ングとエステン・サンドベリが監督。なぜか、ぼくの周囲には観た人が誰もいない「コンティキ」(12)を監督した人たち。

 そして、「ラグナロク」は、「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」を監督(ジェマイン・クレメントと共同)したタイカ・ワイティティが監督してるのですよ。

 ぼくは静岡東宝の、他には誰も観客がいない客席で、「シェアハウス…」を観ながら身を捩って笑い、あまりにも好きになったので、その年のキネ旬ベスト・テンの選んで投票してしまった。

 そのワイティティ監督の次の作品も、とても良いらしいとは聞いていたのだが、待てど暮らせど日本に輸入される気配がない。痺れを切らしてDVDを取り寄せてしまった。
 それが HUNT FOR THE WILDERPEOPLE(16)という作品。

 以前、同じニュージーランド映画である「世界最速のインディアン」DVDを購入したところ英語字幕が出せない仕様だった。アメリカやイギリスの映画、オーストラリアの映画でも、セリフは何とか聞き取れるのだが、この時はキウイー・アクセントに完敗。何を言っているのかさっぱりわからなくて困ってしまい、劇場公開されたときにまた観にいくハメになったのだが、今回はちゃんと英語字幕が呼び出せたので事なきを得た。   


 で結果的に言うと…、

 いい!!

 笑った。ほろっとさせられた。笑った。爽快だった。でもって、やっぱり笑った。

 ニュージーランドの山岳地帯。夫ヘク(サム・ニール、「ラグナロク」にも出演し、ジェフ・ゴールド・プラムと「ジュラシック・パーク」以来久々の共演)と暮らす中年女性ベラは、素行が悪く施設をたらい回しにされている甥っ子リッキー(ジュリアン・デニソン)を引き取る。
 ヘクとリッキーは馬が合わないが、ベラの優しさにリッキーは、初めて家庭らしい安らぎを見出す。
 しかし、ベラはある日、突然世を去り、施設に戻されることになったリッキーは家出。追いかけてきたヘクが怪我をしたことから、しばらく二人(と犬二匹)は森の中でキャンプ生活をするはめに。誘拐、児童虐待と勘違いした福祉局、警察に追われるうちに、二人は本当に逃亡者になっていく。

 去年NHKで放送された「そして誰もいなくなった」では、役の成果しょぼしょぼした感じだったニールが、元気でワイルドで、渋くて実にけっこう。

 巨体を揺らしながら熱演するデニソン少年は、可愛げがないところが可愛らしい。

 脇のキャラたちもいちいち個性的で、敵役となる福祉局の女性も、単なる悪人ではなくて、ユーモラスに描かれているのがよい。終盤にいきなり登場する、陰謀論オタクの変人にも笑った(特に、脱出用トンネルのくだり)。

 ジョークがいちいち、すっ惚けているところは「シェアハウス」と共通しているが、フェイク・ドキュメンタリーだった「シェアハウス」とは違い、ドラマである今回は、なんと言うか、ウェス・アンダーソンの映画のような無邪気さと愉しさに溢れている。ただし、うんと泥臭くしたウェス・アンダーソン。

 孤独で人間嫌いの二人。ベラという女性に救われていた老人と少年が、ベラを喪ったことで、また孤独になるのだが、大森林の中での、、心ならずの共同生活で少しずつ心を通わせていく様子が、しみじみと迫ってくるのだけれど、なにせぶっ飛んだユーモア込みなので、わざとらしくも、押しつけがましくもならないのが素晴らしい。

 ニュージーランドの大自然は、やっぱりアメリカとかカナダとは違った感触と、何というか、しっとりとした感じがあって、よいなあ。

 やあ、観終わって良い気分になれました。

 日本でも劇場公開されれば、ベスト・テンに入れる。



e0160746_1544044.jpg



『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』 [Blu-ray]
松竹 (2015-06-03)
売り上げランキング: 19,730




 最新号。連載は"ティッピ"・へドレン自伝紹介です。

キネマ旬報 2017年4月上旬号 No.1742

キネマ旬報社 (2017-03-20)


# by broncobilly | 2017-03-19 15:47 | 映画評

「カフェ・ソサエティ」(Cafe Society, 16)

 一九三〇年代。映画プロデューサーの叔父スティーヴ・カレルを頼ってN.Y.からハリウッドにやって来たジェシー・アイゼンバーグはクリステン・スチュワートと愛し合うようになるが、スチュワートがかつての恋人とよりを戻したことから、二人の運命は大きくすれ違っていく。だが、やがて再び交錯するときが…。

 前作「教授のおかしな妄想殺人」については、このブログに否定的な文章を書いた。正直、ウディ・アレンも老いたかな、と思った。
 でも、「カフェ・ソサエティ」には。やられた。こりゃあ、傑作だよ。

 オールド・ハリウッドへのオマージュ、全編を彩る華麗な音楽、そのほか…。ぼくはこの作品を観て、すぐに「ラ・ラ・ランド」を思い出した。

 三〇を過ぎたばかりのデイミアン・チャゼルと八〇を過ぎたアレンが、共通するところの多い題材を扱うと、こんなにも違う映画になるのか。

 「ラ・ラ・ランド」のトリッキーで華麗なラストも素晴らしいと思ったが、「カフェ・ソサエティ」の淡々とした静かなラストには、心から打ちのめされた。

 これまでの作品以上に、諦観、無常観が強いなあ、老いたというのは早とちりだったけど、老成したのかなあ、いよいよ達観したのかなあ、と思って観ていたら、主人公の兄であるギャング(コリー・ストール)が、ユダヤ人なのにキリスト教に改宗しようとするあたりには、ああ、やっぱり変わらんなあ、悟ってなんかいないんだなあ、と逆に嬉しくなった。「ユダヤ教は死後の世界を認めていないから」というあたりは、案外これがアレンの本音じゃないかなあ、と思ったりもした。

 出演者は、それぞれ好演しているが、大物プロデューサー役のカレルに、色悪としてのカリスマが足りないのが惜しい。セリフをまともに覚えてこないので、そうそうにクビになったというブルース・ウィリスの方が、柄には合っていたと思う。マジメにやれよ、ブルース!

 「ミッドナイト・イン・パリ」に続いて、カツラを付けたストールが特にいい。

 アレンさん、疑ってすいませんでした。これからも着いていきます!





映画ポスター カフェ・ソサエティ Cafe Society /モノクロ おしゃれ アート インテリア フレームなし /両面 【数量限定・初版】

# by broncobilly | 2017-03-10 14:57 | 映画評

「アサシン クリード」(Assassin's Creed, 16)

 世界的大ヒット・アクション・ゲームの映画化だそうである。「ニューズ・ウィーク」誌の映画評では、ゲームのファンを「こんなの「アサシン・クリード」じゃない!」と怒られないように気を使いすぎて、へっぽこな映画になってしまった、と断じている。
 なるほど、初日の劇場は、なかなか賑わっていて、若い人も多かった(いつも地元のシネコンは、よほどの大作でない限り、洋画は初日でもがらんとしている)。ゲームのファンなのかもしれない。

 ゲームのファンなら、いろいろと小ネタや世界観を楽しめたのかもしれないが、プレイしたことのないぼくは、ひたすら退屈で、主人公のマイケル・ファスベンダーが刺客となって、次々と襲い来る敵たちと闘っている間、ひたすら眠気と闘っていた。大苦戦でした。

 ファスベンダー、マリオン・コティヤール、そしてジャスティン・カーゼル監督というのは、昨年日本公開された「マクベス」のトリオである。

 カーゼル版の「マクベス」は、その陰鬱さ、暗い画面作り、普通なら朗々と吟じられるシェイクスピアの名セリフの数々を、敢えて役者にぶつぶつと呟かせるなどの抑えた作りが、ある種の魅力になっていた。好きな作品です。

 でもね、アクション映画で同じことやるなよ! エンド・クレディットは最近の映画の中でも長い方で、視覚効果担当の会社とか個人の名前が延々と、延々と、延々と続く。

 これだけ特殊効果を使い、アクション場面も少なくはないのに、まったくワクワクしないし、興奮もしないし、スリルもカタルシスもない、というのは、ある意味驚くべきことだと思う。

 仕事は選ばないが、好きな仕事でないときには、あからさまに手を抜くジェレミー・アイアンズは今回やっぱり手抜きモードだし、シャーロット・ランプリングはちょっとした出てこないし、ブレンダン・グリーソンは出番のほとんど突っ立っているだけで、三歩くらい動いたら殺されてしまうし、ベテランたちの無駄遣いが凄まじい。

 ファスベンダーがアサシンとして覚醒するクライマックスで、やっと話が動き出し、退屈だけは逃れたが、退屈から逃れるというのと面白いというのは、また別の話である。

 最後まで陰鬱で、ダイナミックな興奮がないまま。ユーモアもゼロです。

 さあ、これからどうなるか?みたいな終わり方だったが、あちらでも悪評、興行的にも低調だったようなので、続編はないだろう。

 作られても観に行きません。

 多分…。




『アサシン クリード』(オリジナル・サウンドトラック)

# by broncobilly | 2017-03-05 09:13 | 映画評