おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「メッセージ」(Arrival, 16)

 テッド・チャンの傑作SF短編の映像化。監督が絶対にハズレのないドゥニ・ヴィルヌーヴなので期待していたのだが、裏切られることはなかった。

 世界中に12の宇宙船らしき物体が姿を現す。軍人フォレスト・ウィテカーからの依頼を受けた言語学者エイミー・アダムスは、物理学者ジェレミー・レナーと共に、エイリアンとのコミュニケーションの手段を探っていく。その過程で、アダムスの意識も、大きく、そして決定的に変化を遂げていくことになるのであった。

 原作「あなたの人生の物語」は短編なので、ヒロインの意識と認知の変化の影響は、パーソナルな事柄のみに及ぼされることになっているのだが、エリック・ハイセラーの脚色は、それを人類の終末回避と絡めて、ストーリーの構造を大きく広げることに成功している。つまり、ロバート・ワイズの名作「地球の静止する日」(リメイクは論外)、ジェームズ・キャメロンの「アビス」(完全版の方)の流れを汲む作品になっているということだ。

 ヴィルヌーヴの演出は、いつものようにがっちりとしているのだが、この人の場合は、スクリーンに現出する"画"になんとも言えない味わいと幽玄な魅力がある。今回撮影を担当しているのは、初めてコンビを組むブラッドフォード・ヤングだが、ロジャー・ディーキンズと組もうが、ニコラ・ボルデュクと組もうが、ヴィルヌーヴ特有の画面は変わらない。しっとりと自然を捉えながら、そこに何か異物が紛れ込んでくる感覚である。

 宇宙船が自然や都市の上にそびえ立つ姿や、エイリアンの描写には、巨大な蜘蛛が街並みを見下ろしている、「複製された男」の、あの素晴らしいショットを思い出した。

 エイリアン、"アボット"と"コステロ"が初めて朦朧と姿を現す場面で「宇宙大怪獣ドゴラ」を思い出したなどと書いてしまうとバカにされそうだから、ブログには書かずにおこうと思ったが、やっぱり書いてしまった。

(ここから先、少しばかりネタバレ気味になります)

 原作を読んだときには、これをどう映像化するのかと思ったのだが、実際に観てみるとヒロインの"時間"認知の変化を、文章から映像へと、巧みに移し替えていることに感心した。

 最新の量子力学理論では、時間は流れるものではなく、過去も未来もすべての"時"は同じ場所に存在しているということになる。そんなことは、量子力学に頼らずとも、ノーベル賞作家のウィリアム・フォークナーが「"was"などというものは存在しない。常に"is"があるだけだ」と、ずいぶん昔に語っている。

 エイリアンとの意思疎通を試みる中で、ヒロインは全く未知の言語回路を知ることになり、そのことによって彼女の時間認識まで変わっていくというのは、ソシュールの「人間がいるから言語があるのではなく、言語があるから人間が存在する」というテーゼが納得できる人にとっては、受け入れやすいものだろう。

 そのあたりが、単なる思弁SFの面白さになっているだけでなく、人間存在の哀しさと美しさを訴えることにまで繋がっているのが、原作の素晴らしさである。それが映画版でも失われていない。

 映画化に際し、映画オリジナルの要素を付け加えようとして、結局はどっちつかずの引き算になってしまうというのは、悲しいことに決して珍しくはない。

 しかし、「メッセージ」は、原作のテーマと面白さを大事にしながら、そこに終末SFの要素を加え、かけ算にはなっていないにしても、すくなくとも足し算にはなっている。

 近年最高のSF映画登場、と言いたいところだが、ヴィルヌーヴの次作「ブレードランナー2049」が、「メッセージ」を宇和もワル傑作に仕上がっていることを期待しているので、その称号はまだ使わずにおこうと思う。




『メッセージ』(オリジナル・サウンドトラック)



あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)
テッド・チャン
早川書房
売り上げランキング: 58




地球の静止する日 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-07-02)
売り上げランキング: 46,753




アビス(完全版) [DVD]
アビス(完全版) [DVD]
posted with amazlet at 17.05.22
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-07-03)
売り上げランキング: 15,420




宇宙大怪獣ドゴラ  [東宝DVD名作セレクション]
東宝 (2015-07-15)
売り上げランキング: 68,049



 

# by broncobilly | 2017-05-23 08:05 | 映画評

「夜に生きる」(Live by Night, 17)

 脚本家、監督しても評価の高いベン・アフレックが、隠れた傑作(日本では劇場未公開)「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(07)に続いて、デニス・ルへインの原作に挑んだとなれば、期待するなと言う方が無理である。

 大いに胸を躍らせて劇場に出かけたのだが、期待が大きすぎたせいか、可もなく不可もなし、とまでは言えないにしても、B+程度の、半端な満足感で家路をたどることとは相成った。

 禁酒法時代のボストン、警察幹部の息子でありながら、組織に所属することを嫌い、数少ない仲間と犯罪行為を繰り返す主人公がアフレック。アイルランド系ギャングのボスの情婦シエナ・ミラーと愛し合うようになるが、二人の関係がボス、ロバート・グレニスターにばれ、瀕死の目に遭わされ、ミラーは殺されてしまう。

 復讐のために、自らはアイルランド系でありながら、グレニスターのライバルであるイタリア系ギャングのボスの配下となったアフレックは、マイアミに派遣され、キューバのギャングと組んで密造酒を捌き、やがてカジノの建設に野望を燃やすことになる。

 などと書いてくると、典型的なギャング映画みたいだが、禁酒法時代を背景にしていても、舞台がシカゴやニューヨークではなく、主人公がマイアミに渡ってからは、KKKと一戦を交えることになるあたり、目先が変わっていて大いに楽しめる。

 俳優陣も充実していて、アフレックと愛し合うようになるキューバ系ギャングの妹がゾーイ・サルダナで、マイアミ現地の警察署長がクリス・クーパー。主人公の父がブレンダン・グリーソンという豪華な顔ぶれ。クラーク・グレッグや、クリスチャン・クレメンソンがちらりと顔を出すのも嬉しい。

 中でも、感心させられたのが最近成長著しいエル・ファニングでクーパーの娘を演じている。女優を夢見てハリウッドに渡ろうとしたものの、途中で麻薬漬けにされていたのをアフレックに救われ、クーパーとの取引材料とされ、その後は厳しい倫理を解く説教師になる、という難役をしっかりと演じきっている。

 アフレックと会話を交わし、"聖人"の仮面の裏の、苦悩に満ちた魂をあからさまにする場面での演技は素晴らしい。

 美人女優のイメージで売ってきたミラーの蓮っ葉な悪女ぶりも悪くない。アフレックとの別れの場面で見せる表情に味がある。

 複雑なストーリーをわかりやすく語る脚本家としても、銃撃戦アクションを迫力たっぷりに見せる演出家としても、さすがにアフレックは達者なものである。

 と書いてくると、とても良い映画のようだが、でもやはり、これまでのアフレック監督作品と比べてしまうと、パワーが足りないのである。

 主人公像がはっきりしないからだ。悪なのか、善なのか、一匹狼でいたいのか、組織のトップに立ちたいのか、あくまで権力を求めているのか、それとも愛した女の復讐が唯一の目的なのか、あるいは自分を見失って苦しんでいるのか…。ルヘインの原作は未読なのだが、映画ではその辺がはっきりせず、なんだか主人公がいい子でいるために無理に拵えた脚本という感じがしてしまう。
 

 ファニングが演じているキャラクターの人間としての苦悩が際立っているだけに、主人公像の曖昧さが目立ってしまう。

 ルヘイン原作というと、こちらは「ゴーン・ベイビー・ゴーン」だけでなく、「ミスティック・リバー」や、「夜に生きる」の製作総指揮を担当しているレオナルド・ディカプリオが主演した「シャッター・アイランド」なども思いだしてしまい、主人公たちが置かれることになった地獄が、これらの作品を観たときには、ぼくの心に突き刺さってきたので、「夜に生きる」がいっそう物足りなく感じてしまったのかもしれない。いや、きっとそうだ。もう、そうに決まった。

 一件落着の後に、ある悲劇が主人公を襲うことになる。ワーナー・ブラザースのギャング映画は、こうでなくてはいけない。

 しかし、その辺りの描写も通り一遍で、そのあとにも主人公に対する、ある種の"救済"が長々と(個人の印象です)描かれるのは蛇足のような気がしてならなかった。





映画ポスター 夜に生きる Live by Night ベン・アフレック /インテリア おしゃれ フレームなし /REG-両面 【数量限定・初版】



夜に生きる〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
デニス・ルヘイン
早川書房
売り上げランキング: 9,348




ミスティック・リバー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 23,383




ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-03-13)
売り上げランキング: 27,198






# by broncobilly | 2017-05-21 15:42 | 映画評

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」(Guardinas of the Galaxy Vol.2, 17)

 銀河の新たな危機に、あの人たち(人じゃないメンバーも含む)が挑む第二弾。

 とりあえず、今回も面白い。

 とりあえず、というのは、今回は一作目からの"家族"のテーマが更に拡大、深化されて展開されている分、特に主人公スターロードの無責任ヒーローぶりが、いくぶん抑え気味になっているところが少々寂しいからである。

 そのぶん、ロケット、ベビー・グルート、そして特にドラックスのキャラが目立つようになって、前作以上にのびのびとやっているので、プラマイ・ゼロというところか。

 年寄りの映画ファンにとって、ゼロをまたプラスにしてくれるのは、ベテラン俳優たちが活躍しているところ。

 スターロードの父親エゴがカート・ラッセル。「バーニング・オーシャン」、「ワイルド・スピード: アイス・ブレイク」そして、この作品と、近所のシネコンでラッセル出演作品が三本同時に上映されているなどという素晴らしい時代が、再び巡ってくるとは…。

 前半の設定で驚かされ、実はXXXが○○○の続編だった!みたいに、実は、これは「スターマン」の続編だったのか! でもあれはラッセルじゃなくて、ジェフ・ブリッジスだったよな?などと年寄りらしく勝手に喜んでいると、途中から雲行きがアヤシクなってくる。「スター・トレック5/新たなる未知へ」(89)を思い出したりした。

 スタローンの出番は、これだけかよ?と思っていると、あとから美味しいところを全部持って行くので、これは嬉しい。

 しかも、あの人も、この人も、スタの仲間としてちらりと顔見せ。ジェームズ・ガン監督は、こちらのチームのスピンオフを検討しているとのこと。
 ありがとう、ガン!

 最大の驚きは「クリフハンガー」(93)でスタローンと、「トゥームストーン」(93)でラッセルと共演していた、性格俳優のマイケル・ルーカー(ヨンドゥ)が一番の儲け役、泣かせ役だったこと。

 ヨンドゥが必殺の武器を取り戻して、叛乱を起こした部下たちを皆殺しにする場面は、PG-13でいいのか?と思うくらい、残酷な見せ場になっている。ガンの音楽の使い方が秀逸なので、余計にグロテスクさが強まる。

 エンド・クレディットのダンスに、ちらりとジェフ・ゴールドブラムも登場。ハワード・ザ・ダックも、しっかり出演。

 なんだかんだで、今回も楽しく、懐かしいパーティでした。

 三部作の最後になるという次も、よろしくお願いします。

 その前に「アベンジャーズ」が、あるか。





映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス ポスター 42x30cm Guardians of the Galaxy Vol. 2 ピーター クイル スター ロード クリス プラット ガモーラ ドラックス ベビー グルート ヴィン ディーゼル ロケット ブラッドリー クーパー ガーディアンズ オブ ギャラクシー



スターマン [Blu-ray]
スターマン [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.05.15
Happinet(SB)(D) (2015-07-24)
売り上げランキング: 39,815




クリフハンガー [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 40,708




トゥームストーン [DVD]
パイオニアLDC (1998-11-21)
売り上げランキング: 111,120












 最新号。連載は(日本では現時点で幻の)「ロアーズ」のこと。「世界のスター TOP10 U40 男優篇 」というのも、書きました。

キネマ旬報 2017年6月上旬特別号 No.1747







 

# by broncobilly | 2017-05-20 19:05 | 映画評

「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」(16)

 インドで五歳の時に家族と生き別れとなり、オーストラリア人の養父母に育てられた少年が、その二十五年後にグーグル・アースを使って生まれた土地を突き止め、里帰りをはたすという実話ネタの作品。

 良い作品である。

 前半、幼い主人公が家と家族から、運命の悪戯によって引き離され、インドの大都会を放浪し、施設に入れられるなど苦難を重ねる前半は、少年時代の主人公を演じるサニー・パワールの達者さと愛らしさが光る。

 成人後の主人公は、デヴ・パテル。この人は逆に、ずいぶんと大人っぽくなったなあという感じ。20代後半なのだから、当たり前だが。「スラムドッグ$ミリオネア」や「マリゴールド・ホテル」正続編では、オリエンタリズムそのままに、西洋人から見たインド人のイメージを、そのまま演じさせられているようで、正直好きな俳優ではなかったのだが(テレビの「ニュースルーム」はよかった)、「LION」では、インド人、オーストラリア人、二つのアイデンティティと、養父母と実の家族への思いに苦悩し、引き裂かれそうになる役をしっかりと演じている。肌の色とかルーツとかを完全に超越して、一人の人間の魂が感じられる演技なのだ。

 そのパテルを、なんとなく受けているようなルーニー・マラが、やはり巧い。

 上手いといえば養母を演じるニコール・キッドマン。年齢と喧嘩せず演じているので、久々に自然な巧さが発揮されている。

 ガース・デイヴィス監督の手腕もしっかりしているし、インド、そしてタスマニアの対照的な光景を見事に切り取るグレイグ・フレイザーの撮影も素晴らしい。

 ついでに書くとシーアの歌う主題歌も実にいい。

 と書いてくると、手放しの絶賛のようだが、ぼくはこの作品を観て、最近よく考えていることについて、また考えさせられ、複雑な気分になってしまったのである。
 前にも、このブログに書いたのだが、実話ネタの作品で、ラストに"ご本人様"が登場するのはどうなのよ?という疑問である。

 映画である以上、例えドキュメンタリーであっても、そこには作り手の作為が入り込むことは避けられない。ましてや「実話に基づく」ドラマの場合は、現実の出来事と相当かけ離れてしまうことも珍しくない、というか、当然そうなる。

 だからダメだ、などと言う気はない。それが映画だ。

 映画作家は現実の出来事を'材料'に、映画という'料理'を作って、観客に出すのである。

 変な例えだけど、魚を一生懸命料理してブイヤベースを作り、その後に同じ魚を刺身で出して、「やっぱり新鮮な高級魚は生で食べるのが一番美味ですよ」と言われたらどうだろう。

 そりゃあ、刺身が一番美味いよ。で、「ああ、美味しい魚だったなあ」ってお客さんが喜んだら、それは手をかけて作ったシチューを、料理人自身が全否定することになりはしないのかな。

 特に"泣かせ"の映画では禁断ではないのか。

 主人公が実の母と対面する場面は、とても感動的だ。
 しかし、ラストに養母(ご本人)と実母(ご本人)がインドで対面した際の実際の様子がスクリーンに映し出されるのだ。

 そりゃ、泣くよ。感動的だもん。強力だもん。

 でもいいのか?

 さっきの例えが不出来だと自分でもわかっているので、別の例えを使うが、これって一生懸命に画家が子犬の画を描いて、でも最後にはキャンバスをひっくり返して、その前に本物の子犬を置いて、「やっぱ本物が一番だよねえ」というようなものではないのか?(ああ、この例えもダメダメだorz)

 イーストウッドは「ジャージー・ボーイズ」のラストで。健在のフランキー・ヴァリを出しての"ご本人様登場"をやらず、むしろ"作りものの"の彼方へと画面を飛翔させた。

 「ハドソン川の奇跡」では、そもそも感動の押し売りを避け、しかも"ご本人様登場"も同窓会的に、さらりとまとめて見せた。

 これなら、よい。洒落ている。

 でも「LION」はベタベタなんだよ。泣かせるための飛び道具として、実際の映像を延々と流すんだよ。

 これをやらずに、直前の二人の少年のショットで終わっていたら、ぼくはこの作品が大好きになっていたと思う。

 映画は作りものである。作りもので真実を伝えようとする努力が美しいのだ。

 '作りものの力'を映画の作り手には、もっと信じてほしいと思うのだ。





映画 LION ライオン 25年目のただいま ポスター 42x30cm Lion 2016 デブ パテル ルーニー マーラ ニコール キッドマン [並行輸入品]



「LION/ライオン~25年目のただいま~」オリジナル・サウンドトラック
ダスティン・オハロラン & ハウシュカ
SMJ (2017-04-05)
売り上げランキング: 19,103


# by broncobilly | 2017-05-15 17:51 | 映画評

「ノー・エスケープ 自由への国境」(Desierto, 15)

  国境の砂漠地帯を越えて、アメリカに不法入国しようとするメキシコ人の一団。そのうちの一人ガエル・ガルシア・ベルナルは、弱った仲間をかばったりしているうちに取り残されてしまうが、先行のグループが中年のアメリカ男性ジェフリー・ディーン・モーガンに高性能ライフルで皆殺しにされるところを目撃することになる。
 残された数少ない仲間たちと共に逃走しようとするが、モーガンは執拗に追ってくる。仲間も一人ずつ減っていき…。

 監督と共同脚本はアルフォンソ・キュアロンの息子のホナス・キュアロン。

 非常にシンプルな設定で、低予算なのも明らかなのだが、上映時間が九〇分足らずと短いこともあり、ぐいぐいと押しまくって最後まで見せきってしまう手腕はなかなかのものである。

 ギャヴィン・ライアルの傑作サスペンス小説『最も危険なゲーム』や映画だと「人間狩り」、「ダーティ・ハンター」、最近では「追撃者」ほか、一つのジャンルとして確立している"人間狩り"テーマの一本。狩られる側が狩る側に廻るブロンソンの「チャトズ・ランド」なんてのもありましたね。

 ディーン・モーガンという役者さんは、ソフトな役もコミカルな役も達者にこなせる人なのだが、やっぱり過激な保守主義、男性上位主義、差別主義など、アメリカの地方男性の一番悪いところを煮染めたような役を演じると、なぜか燦然と輝く。「ウォッチメン」のコメディアンとか、「ウォーキング・デッド」のニーガンとか。

 この作品でもやっぱりよい。不気味で残酷というだけでなく、悲哀を感じさせる場面もあり、メキシコ人のキュアロンも、彼を一方的にモンスターとして描写していないところがよいし、それゆえにリアルな恐怖が高まる。

 ひたすら、オソロシイのがディーン・モーガンの連れている猟犬で、"人間狩り"映画の佳作「ドッグチェイス」をちょっと思い出したりした。

 そんな一人と一匹に追い詰められるベルナルも身体を張った熱演。あまり思い入れたっぷり芝居などせず、淡々と逃げている感じがリアルである。

 そして、もう一つの主役は砂漠そのもの。キュアロン自身がカメラを廻して、砂漠の過酷さと美しさを、しっかりとスクリーンに刻みつけている。

 などと書いてくると大変よい映画みたいだが、シンプルな設定をきちんと見せきって退屈させなかった、というのが身上で、犬関係のシーンなどは、動物虐待はできないし、C.G.I.に金はかけられないし、で、なんだかへっぽこになってしまっているところもある。

 途中で主人公が信号拳銃を手に入れるので、ブロンソンの「夜の訪問者」みたいに、これでディーンに派手に反撃するのかと思いきや、別の使い方をしていた。最後の対決は、もっと地道に、じっくりと描写される。

 声高な政治的主張もない。背景に透けて見える程度。でも、それでいいのだと思う、この作品の場合は。

 ちょっとした拾いものをした気分。




特別企画1
ウィットに富んだ「決めゼリフ」をチェック! 映画『カフェ・ソサエティ』&ウディ・アレンの名言を英語で楽しむ
5月に公開されるウディ・アレン監督作品『カフェ・ソサエティ』。その魅力を劇中に出てくるウィットに富んだ「決めゼリフ」を交えてご紹介。
また、ウディ・アレンの過去作品から、彼独特の「笑えて、深い」名言を取り上げ、その意味や背景を解説します!

というのを、大いに楽しんで書きました。

 

# by broncobilly | 2017-05-05 17:00 | 映画評