おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新号
外部リンク
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ランペイジ 巨獣大乱闘」(Rampage, 18)

マリン・アッカーマンとシェイク・レイシーが経営する悪徳巨大企業がによる遺伝子操作の実験のため、ゴリラ、狼、ワニが巨大化というか怪獣化。元特殊部隊兵士で霊長類学者のドウェイン・ジョンソンは、可愛がっていたゴリラ、ジョー、と、三匹が向かっているシカゴの人々を救うため、遺伝子学者ナオミ・ハリス、政府機関員ジェフリー・ディーン・モーガンと共に奮闘する。

 話としてはお約束のつるべ打ちで、C.G.I.を駆使した破壊と怪獣対決のスペクタクルも、面白いことは面白いが、今のご時世でどうということもない。だが、レイティングGの家族向け映画の割には、軍人さんや悪玉だけでなく、一般市民が殺される様子も結構がっちり描いているあたりは評価したい。

 驚いたのは主人公の役割。怪獣映画というのは、当然ながら怪獣が主役なので、普通は人間の主役は影が薄い。どんなスターであっても、どれほど熱演していようと、クライマックスになると、怪獣たちの戦いを眺めながら、善玉怪獣の応援をしているだけで、せいぜい頑張っても、瓦礫の下敷きになった子供やヒロインを助けるとかが関の山、結局は怪獣の引き立て役になってしまう。

 しかし、ジョンソンはそうはならない。腹を大口径の銃で撃たれながら、「急所は外れてるから」とか言いながら、元気いっぱいで飛んだり跳ねたりするのにも驚いたが、クライマックスでは正気を取り戻したジョー君とタッグを組んでリングに上がり(いや、別にリングはないけど)ワニ怪獣と死闘を繰り広げるのである(くどいようだが、腹を大口径の銃で撃たれている)。半ば呆れ、苦笑しつつも、しかし、新しいパターンであることだけは認めなければならないし、ブラッド・ペイトン監督は、このクライマックスではひたすら押しまくるので、ここに至って、なんだかヤケクソの面白さと楽しさが出てくる。

 ナオミ・ハリスは、やっぱり魅力的だし、テキサス訛りでカウボーイ気取り(中のグリップとベルトに注目)のジェフリー・ディーン・モーガンも、この人らしい味がある。だが、あくまでも怪獣の引き立て役であり、しかも、怪獣でさえドウェイン・ジョンソンの引き立て役なのだ。

 ペイトン監督と組んだ前作「カリフォルニア・ダウン」では、腕力で巨大地震をねじ伏せたジョンソンなので、怪獣くらいではむしろ物足りないのかもしれない。

 「カリフォルニア・ダウン」は続編が決定しているようだが、「ランペイジ2」をもし作るのなら、ジョンソンの遺伝子が変異して巨大化というのはどうだろう。全人類の危機という設定に、説得力が出ると思う。


e0160746_17315259.jpg



# by broncobilly | 2018-05-24 17:32 | 映画評

「カーゴ」(Cargo, 17)

Netflixオリジナルのゾンビ映画は「植えて侵略者」がなかなか面白かったが、この「カーゴ」も悪くない。というか、とても良かった。

人をゾンビ化するウイルスが猛威を振るうオーストラリア。スージー・ポーターと女の赤ん坊を連れて、自然の中を移動している主人公がマーティン・フリーマン。妻がゾンビに噛まれてしまう。この作品のポイントの1つは、噛まれてもゾンビ化するまで数日かかるということで、その間は人間としての正気を保っているということ。序盤はゾンビになって夫と娘を殺してしまうことを心配するポーターとフリーマンとの間のドラマが中心なり、そこにアボリジの少女のサイドストーリーがインサートされる。完全にゾンビ化してしまった妻に噛まれたフリーマンが、人間として残された数日間のうちに、いかにして赤子と、あるきっかけで行動を共にすることになったアボリジニの少女を、安全な場所まで連れて行くかということが、後半の肝となる。

 フリーマンという人は、困った顔が似合う人だ。天才探偵に振り回される時も、思いがけない冒険に駆り出される時も、なんだか戸惑ったような、困ったような顔をして、それでもやるべきことはきっちりとやる。「カーゴ」で演じているキャラクターもまさにそんな人物。このジャンルの作品としては、登場するゾンビの数も、残虐な場面も、最低限と言っていいくらいに抑えている。そんな中でフリーマンが、あまり叫んだり、目や葉を剥いたりせずに、なんだか困ったような、途方にくれたような顔をして、それでもやらねばならないことはやろう、と旅を続ける様子は心を打つ。

 オーストラリアの荒野の風景も、やはりアメリカ製のゾンビ映画とは違った風情(?)があって面白い。最初の方で、画面にハエが写り込んでいる場面があり、「ああ、ゾンビに噛まれて肉体が腐って行く様子を表現するためのハエだな。凝ってるな。C.G.I.かな」と思ったのだが、そのあとの場面でもしょっちゅう飛んでいる。ただ単にオーストラリアだからハエが多いのだろう。

 2013年にヨランダ・ラムケとベン・ハウリングが作った短編映画の長編リメイクとのことだが、短編の方はおそらく、長編版のクライマックスににも登場するアイデアがキモになっているのだろう。ゾンビになる前に何をするかではなく、ゾンビになってしまったあとにも愛する者たちを守るために主人公が考えつくある手段は、驚くべきものであり、感動的でもある。ここでCargoというタイトルの意味が明らかになる。

 「新感染」でも「餓えた侵略者」でも「ディストピア/パンドラの少女」でもそうだったように、「カーゴ」でも、人類の希望とされるのは少女である。そして「カーゴ」では、入植した白人たちと、原住民だったアボリジニたちの歴史が背景になり、人種の壁と歴史を乗り越えて行くことに、再生への希望が託される。

ゾンビ映画のジャンルに、また秀作が登場した。


e0160746_08122805.jpg



# by broncobilly | 2018-05-22 08:12 | 映画評

「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」(I, Tonya, 17)

 五〇を過ぎた、ぼくぐらいの世代だと鮮明に記憶しているはずの'ナンシー・ケリガン'襲撃事件。その加害者側であるライバル、トーニャ・ハーデングの半生をブラックユーモアたっぷりに描いた作品。 

  関係者への詳細なインタビューを基に構成した、との字幕が最初にで出るのだが、証言を基としたはずの映像も「羅生門」状態で、真実は藪の中のままの部分もあり、役者が演じている関係者がインタビューに答える映像があるかと思えば、'再現映像'パートでは登場人物たちが'第4の壁'を破って直接観客に語りかけたりと、語り口はかなり凝っている。それでいて物語の進行がスピーディで、あれよあれよと2時間観てしまうのだから、スティーヴン・ロジャーズの脚本も、それを捌いたクレイグ・ギレスピーの演出も大したものである。 

 アカデミー賞を穫ったアリソン・ジャネイの'毒母'ぶりも見事だが、マーゴット・ロビーの熱演に圧倒される。夫を演じるセバスチャン・スタン(ハーレクインとウィンター・ソルジャーが夫婦なんですね)のダメっぷりも見せるが、さらに上を行くのが'自称プロボディガード、世界を股にかける諜報のプロ'、実は親と同居の中年妄想ニートを演じるポール・ウォルター・ハウザーのクズッぷりが素晴らしく、おれ様ならこの人にオスカーをあげたかったところ。 

 チャンスの国であるはずのアメリカにも厳然と'階級'が存在し、生まれによってはどうしても認められない世界がある、という現実が黒い笑いの裏側から不気味に浮かび上がってくる。 

 そして嗤いながらもいつかトーニャに感情移入し、同情するようになる観客に対して、「この女性をこんなにしてしまったのは、有名人のスキャンダルを面白がって叩く、世間一般の人々、つまりあんたたち観客なのだよ」という厳しい問いかけ(ぼくはレッドフォードが監督した「クイズ・ショウ」,94)のラストを思い出した。 大変なプレッシャーの下でリンクを舞おうとするトーニャと、事件後、生活に困窮してボクサーとしてリングに上がり、血を流し、叩きのめされるトーニャの姿をカットバックするシークエンスには鳥肌が立った。 傑作、と言っていいと思う。

e0160746_08194880.jpg


# by broncobilly | 2018-05-11 08:20 | 映画評

「ホース・ソルジャー」(12 Strong, 17)

 9.11.直後にアフガニスタンで行われた極秘作戦に十二名で参戦し、現地の将軍と共闘してタリバンの勢力拡大を防いだ特殊部隊の実話。 

 主人公クリス・ヘムズワースと一瞬心を通わせた現地の少年(死亡フラグ)が直後にお亡くなりになったり、部隊のアフリカ系兵士と心を通わせた現地の少年(死亡フラグ)が二回目なので助かったり、一旦去った現地の友軍が、ここ一番のところまで戻ってきたり、女性が教育を受ける権利をないがしろにするタリバンの悪行がこってりと描かれたり、いかにもジェリー・ブラッカイマー製作の作品らしく、お約束のつるべ打ちで、そのあたりはさすがにうんざりとした気分になりかかる。しかし、原作ノンフィクションの脚色を手がけているのがテッド・タリー(ピーター・クレイグと共同)なので、細部の描写や、ちょっとした台詞に面白さがあり、まるっきり脳天気な愛国映画になってしまうのをぎりぎりのところで回避できている(ような気もする)。 

 まあ、そう感じたのは観ているこちらのマインドセットもあるわけで、終盤の一大戦闘/突撃スペクタクルになっても、なにせその後のアメリカ情勢、アフガン戦争の顛末などわかっているので、'善玉側'大勝利にも、そう簡単にカタルシスなど感じることができないのである。 

 ヘムズワースはソーが、そのまま軍人さんになったようなキャラクターで、マイケル・シャノンには、ああ、この人にも普通の人が演じられるだなあ、と妙な感心はするものの、取り立ててどうと言うこともない役である。 

 ニコライ・フルシーの演出も、やるべきことはやっている、だから合格とも言えるし、それだけのこととも言える。 

 それでも「ランボー/怒りのアフガン」なんかを思い出すと、クライマックスでは近代兵器と騎馬戦とをずっと上手く組み合わせているし、C.G.I.のみで作ったメカとか爆発とかに食傷気味なので、おお、本当の爆発だ! 本物の戦闘機だ!(C.G.I.も使っているはずだが)と感激(?)はできる。 観終わってみると、戦争アクションのカタルシスは感じられず、なんとも宙ぶらりんな気持ちで劇場を後にすることになりました。 


e0160746_15141978.jpg


# by broncobilly | 2018-05-05 15:15 | 映画評

「サイコキネシス-念力-」(PSYCHOKINESIS,17)

 「新感染/ファイナル・エクスプレス」のヨン・サンホが監督と脚本を手がけた新作。こんなものが、いつの間にか転がっていたりするからNetflixは侮れない。

 やむを得ない事情により幼い娘と妻を捨て自堕落な生活を送っていたリュ・スンリョンが偶然、念力を手にする。商店街の土地を狙う地上げ屋の嫌がらせの結果、別れた妻が死亡。彼は娘シム・ウンギョンと街の人々を護るために立ち上がる。

 うんと大雑把に書くと、こんな話です。いやあ、でも今回も面白かった。ノンストップに走り続けた「新感染」と違い、こちらは序盤のんびりムード。スンリョンのダメ男ぶりも堂に入っていて、超能力が使えるとわかると、とりあえずマジックショーで稼ごうとするところなどなんだか可笑しい。そこかしこにユーモアが効いている。

 話の展開も古めかしく、そこが逆に魅力的だったりも。
 だめな父親が娘に償いをし、護るために超人的な力を発揮する、というのは「新感染」と同じですね。もう一つ同じなのは、韓国社会に対する怒りと不信が物語の背景にあること。むしろ、こちらの作品の方がその傾向は強い。怒りと不信がユーモアを込めて描かれている分、さらに批判が効果的になっている。
 地上げ屋の背後には財閥がいて、警察やメディアも支配されている。

 財閥のエライ人をチョン・ユミがハイ・テンションで演じていているのだが、最近何かと話題の韓国財閥のお嬢様たちを思い出さずにはいられない。そう言えば、ポン・ジュノの「オクジャ/okja」に出てきたティルダ・ティルダ・スウィントンもこんな感じだったな。

 地上げ屋たちを主人公が念力で撃退する場面が中盤にあり、面白いのだが幾分控えめ。一種ガマン劇でもあるので、描写を抑えて置いて、主人公が怒りを爆発させるクライマックスのカタルシスを高めようという計算だろう。拘留されていた警察から主人公が脱出、機動隊の襲撃によって危機に瀕している娘と街の人々を助けるために超能力を炸裂させる終盤では、「新感染」のスピード感が甦る。
 最初から最後まで一気に疾走していた「新感染」と違い、徐々に加速してスピードかマックスになる感覚である。

 主人公が超能力を発揮する描写はアナログ的な映像とC.G.I.がほどよくミックスされている。

 凄まじいクライマックスの後に、下町人情劇に戻って幕が閉じるのも心地よい。

 ヨン・サンホ、またまたやってくれました。


e0160746_17053632.jpg
 


# by broncobilly | 2018-04-28 17:06 | 映画評