おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新号
https://www.amazon.co.jp/キネマ旬報-2018年11月上旬特別号-No-1793/dp/B07HSLVBTN/ref=sr_1_3/357-6990759-6652933?s=books&ie=UTF8&qid=1540598296&sr=1-3&refinements=p_lbr_one_browse-bin%3Aキネマ旬報
外部リンク
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「24: リブ・アナザー・デイ」(24: Live Another Day, TV, 14)

 というわけで24: Live Another Dayを、ほぼ一気観し終わったぞお。ああ、しんどかった。でも面白かったあ。

 数年間のブランクがあったので、調子が落ちて出し遅れの証文みたいになっていたら嫌だなあ、などと密かに思っていたのだが、いやあ杞憂に終わって良かった、良かった。

 今回はジェームズ・ヘラー(ウィリアム・ディヴェーン)が大統領になっていて、娘のオードリー(キム・レイヴァー)と共にロンドンを訪問している。
 すると行方不明が続いていた"国賊"ジャック・バウアー(もちろん、あの人が演じている)が出現。ナヴァロ(ベンジャミン・ブラット)率いるCIAロンドン支部の精鋭たちはたちまちジャックを捕らえるが、あまりにも簡単に成功したことに女性局員ケイト(イヴォンヌ・ストラホフスキ)は不自然なものを感じていた.だがケイトも、夫が中国のスパイだったことを見抜けなかった責めを受けて左遷寸前で、彼女の疑念には誰も耳を傾けようとしない。
 だが彼女の恐れは正しかった。ジャックは施設内に監禁されていたある人物を救出するために、わざと捕まって見せたのだった…。
 とまあ、これ以上はなるべくネタバレしないように書きますが、やっぱりしちゃう部分もあると思うので、日本上陸をまったくの白紙状態で待ちたい人はお読みにならないが吉です。

 今回は前12エピソード。一話から十二話までは、これまで同様に一話=一時間で最終話で13時間分やるとは知っていたのだが、最終話もほぼ最後まで、これまでと同じやり方で、最後の最後に12時間時間飛ぶという荒技でした。

 もちろんロンドンがテロの標的になるわけだが、今回は細菌兵器とか核爆弾とかではなく、ある兵器が使用される。これが現代的で目先が変わっていて面白い。C.G.I.も良くできていて、ロンドン名所の(自主規制1)まで吹っ飛ぶぞ。

 最後の数シーズンは、二十四話持たせるのが苦しくて、メインのストーリー・ラインが何度も変わってしまったり、回収されない伏線があったり、消えてしまうサブプロットがあったりしたのだが、さすがに十二話となると凝縮されていて全く中だるみしないのが有難い。今回も終盤で展開が変わるのだが、無理のない転調で効果を上げている。
 しかも、このあたりで(自主規制2)が登場。そうそう、この人のことは気になってたんだよなあ。キターッ!て感じでした。

 キーファー・サザーランドは老けてくたびれたが、それが潜伏中のジャックの苦労を忍ばせて、いい味になっている。 そしてキーファー以上にこっちは老けてくたびれたので、アメリカで出たばかりの第一シーズンのDVDボックス・セットを取り寄せて、24話分一気に観た頃の体力はもはやない。よかった、十二話で。
 でもジャックは相変わらず動きまくるし、不死身である。お楽しみの(?)拷問シーンもふんだんに用意されているぞ。

  もうね、仲間とか一般市民に迷惑をかけなきゃならない時も、以前みたいに「本当に済まないと思っている」とか言ったり、最低限理由を説明しようとすることもなく、いきなり殴って気絶させたり、躊躇無く足に銃弾を撃ち込んだり、殺さなきゃいいんだろ!って感じのジャックであります。

 ヘラーはシリーズに最後に登場した時に見せた、ジャックにに対する態度があんまりだったので、最初は好感を抱けなかったのだが、パーマー大統領以来の貫禄で、シリーズに久々に登場した共感できる大統領だった。

 クロエが最初から出てくるって書いてもいいよね。もういろんなところでネタバレされてるし。
 ウィキリークスみたいな組織のリーダーがマイケル・ウィンコット。なんか懐かしい。キーファーとは「三銃士」以来の顔合わせということか。

 で、ラストなんですが、おいおい?!という感じでしたよ。第8シーズンは内容的には苦しい部分があっても、少なくとも綺麗に終わっていたのに、もう製作者側は続ける気満々ですね。

 ちょっと納得いかない気分だったのだが、ブルーレイ・セットに収められていた特典映像短編「独房」を観て興奮してしまった。(自主規制3)が登場するんだよ!しかも、そいつに指示を与える声を出している俳優が(自主規制4)なんだよ!!

 いやまあ、実を言えば(自主規制3)は想定内だったけど、(自主規制4)には驚いたよ。まさか(自主規制5)が生きてるってことですかあ?!

 いやあ、久々に24をふらふらになりながら(ほぼ)一気観する楽しみを思い出せて幸せでした。あちらでは好評で視聴率もよかったようなので、続きはきっと見せてもらえるのだろう。
 来年ではなくていいので(今回の出来を見ると、無理に毎年作るのではなく、時間をかけてじっくりとアイデアを練った方が良いものができるような気がする)続きを見せてくださいね。
 こっちがさらにくたびれて、三話くらいまでしか続けてみられなくなるまで待たされるのは嫌だけど。







24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ ブルーレイBOX [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-03-04)
売り上げランキング: 16




24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ DVDコレクターズBOX
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-03-04)
売り上げランキング: 51




24 Live Another Day 北米版 [Blu-ray][Import]

売り上げランキング: 38,638




三銃士 [DVD]
三銃士 [DVD]
posted with amazlet at 14.10.05
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2005-12-21)
売り上げランキング: 11,128


 

by broncobilly | 2014-10-05 19:42 | 雑記
<< 「SCUM/スカム」(Scum... 「ファーナス/訣別の朝」「記憶... >>