おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新号
https://www.amazon.co.jp/キネマ旬報-2018年11月上旬特別号-No-1793/dp/B07HSLVBTN/ref=sr_1_3/357-6990759-6652933?s=books&ie=UTF8&qid=1540598296&sr=1-3&refinements=p_lbr_one_browse-bin%3Aキネマ旬報
外部リンク
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ミケランジェロ・プロジェクト」(The Monuments Men, 14)

 第二次大戦末期。ナチスに略奪されたヨーロッパの美術品を取り戻すべく結成された「モニュメンツ・メン」の活躍を史実に基づいて描いた作品。

 「モニュメンツ・メン」のリーダーはジョージ・クルーニー(監督・脚本も)、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ホブ・バラバン、ジャン・デュジャルダンといった面々。

 アメリカでは評判が悪く、興行成績も期待を大幅に下回り、今年のゴールデン・グローブ賞授賞式でもジョークのネタにされていた。

 その上、経緯がはっきりせぬままに日本公開は突然中止となり、ソフトも出ていない。

 実際に観てみると、なるほど一言で表現すれば、戦争映画らしからぬ「緩さ」を持った作品に仕上がっている。「モニュメンツ・メン」の中から戦死者も出るのだが、大がかりな戦闘場面は無い。

 時間との競争やら、デイモンとケイト・ブランシェットとの間のほろ苦いロマンスやら、ハリウッド映画らしい脚色も施されてはいるのだが、観客を楽しませるために、これでもかこれでもかと見せ場を詰め込む(「実話に基づく」とされていても、ハリウッドの大作娯楽映画では当たり前のように行われていること)ことを、たぶん敢えてクルーニーは避けている。

 一つ一つのエピソードも羅列的で、全体を貫く芯がかけている。

 と文句を付けつつも、ぼくはこの作品を大いに楽しんだ。

 まずクルーニーの演出スタイルや、これ根もおそらくはクルーニーの意図だろうが、アレクサンドル・デブラの音楽が実にオールド・ファッションドで六十年代までの戦争映画を思い出させるのが嬉しい。

 エンディングで、主要出演者たちを映像で一人ずつ紹介するあたりなんて「特攻大作戦」みたいだった。

 「特攻大作戦」で描かれていた第二次大戦も、公開当時進行していたベトナム戦争も、そもそも戦争そのものに仁義などないのだ、と喝破したのがロバート・アルドリッチだったわけだが、「ミケランジェロ・プロジェクト」のクルーニーは、あくまでも明るく、まっすぐにアメリカの正義の戦いを描いている。

 「クリント・イーストウッドが語るワーナー映画の歴史」の中で、イラク戦争の最中に「グッドナイト&グッドラック」を作ったことで非国民呼ばわりされたと悔しそうに語っていたクルーニー。今回はじつに無邪気な愛国者ぶりである。

 美術品のために人命が犠牲になるって、そもそもどうなのよ?という問いにも通り一遍に触れられているが、「大列車作戦」のように真正面から扱われることで作品に重みを与えているわけでもない。

 しかし、この緩さとストレートさが、なんとも心地よく、戦争映画に対して褒め言葉になるのかどうかわからないが、のんびりとした気分で楽しむことができる。

 達者な出演者たちの演技合戦を観るだけでも楽しい。マーレイとバラバンの凸凹コンビぶりなんて、いつまでも観ていたくなる。

 マーレイは全体として肩の力の抜けた演技だが、歯医者の治療を受ける場面が馬鹿に可笑しい。「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」以来久々に、歯医者の治療を受ける演技で、自分は最もコメディアンとしての実力を発揮するのだということをマーレイは見事に証明している。

 周囲の役者たちに見せ場を譲っているように見えるクルーニーだが、最後に一番いいところを持って行きます。

 クルーニーの監督作品では一番好きかも。
 やっぱり劇場でもう一度観たいなあ。




Monuments Men



特攻大作戦 [DVD]
特攻大作戦 [DVD]
posted with amazlet at 15.01.25
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-07-20)
売り上げランキング: 25,363




クリント・イーストウッドが語る ワーナー映画の歴史 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-12-21)
売り上げランキング: 107,659




大列車作戦 [DVD]
大列車作戦 [DVD]
posted with amazlet at 15.01.25
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011-06-22)
売り上げランキング: 10,644



リトルショップ・オブ・ホラーズ ディレクターズカット [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 13,537


by broncobilly | 2015-01-25 18:36
<< 「エクソダス: 神と王」(Ex... 「スパイ・レジェンド」(The... >>