おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新号
https://www.amazon.co.jp/キネマ旬報-2018年11月上旬特別号-No-1793/dp/B07HSLVBTN/ref=sr_1_3/357-6990759-6652933?s=books&ie=UTF8&qid=1540598296&sr=1-3&refinements=p_lbr_one_browse-bin%3Aキネマ旬報
外部リンク
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ターミネーター: 新機動/ジェニシス」(Terminator: Genisys, 15)

 人工知能スカイネット率いるロボット軍団と人類が死闘を繰り広げる未来。人類側のリーダー、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)は、過去の世界で母、サラ(エミリア・クラーク)が殺され、自分の存在そのものを抹消されるのを防ぐため戦士カイル・リース(ジェイ・コートニー)を過去に送り込むが、スカイネットはすでにターミネーター、T-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)を送り込んでいた。と書くと、一作目と同じだが、そこに守護神、T-800(別名、おじさん、アーノルド・シュワルツェネッガー)も現れて…。

 三作目と四作目が残念な仕上がりだったので、あまり期待をせずに出かけたせいか、思いの外楽しめた。自分としては「マッド・マックス」や「アベンジャーズ/エイジ・オブ…」より楽しかったくらいだ。

 まずなんと言っても、シュワルツェネッガーがよい。ほんっとうに久々によい。

 一作目の映像+シュワと同じ体系に鍛え上げた誰かさんの体にC.G.I.でシュワの顔をのっけたターミネーター対いくぶん老けたシュワの格闘場面で、まずはコーフンしました。

「ターミネーター2」の裏テーマが"父と息子"であったように、今回の裏テーマは"父と娘"なのだが、シュワの"老い"が、そこに深みを与えている。

 予告編などで年を取ったT-100が登場することは知っていたので、ロボットなのに何故歳を取るのか、理由づけを楽しみにしていたら、「表皮は有機体だから歳を取るんだ」とセリフ一つでやっつけられました。ああそうですか。

 物語がきちんと時間テーマSFになっているのがよろしい。あまりにとっちらかった設定に、おいおい大丈夫かよ、と思っていると、パズルのピースがきちんと収まっていくタイムトラベルSFの快感がちゃんと味わえる。そこに笑いの要素や泣かせの要素、一、二作目へのオマージュ、アクションをふんだんに散りばめている。

 もっとも重要なのがアクションだが、C.G.I.に頼りすぎず、生身のスタントやカークラッシュも、ある程度は活用されているのが結構である。

 いつもの脇役モードに戻ったJ・K・シモンズほか、俳優陣も充実。なんだかんだで、おもちゃ箱をひっくり返したみたいな2時間を堪能できた。




US版ポスター ターミネーター:新起動 ジェニシス Terminator 両面印刷 D/S us2 [並行輸入品]



 

by broncobilly | 2015-07-12 06:32 | 映画評
<< 「ヒューマン・ハイウェイ」(8... 「デッド・シティ 2055」(... >>