おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新号
https://www.amazon.co.jp/キネマ旬報-2018年6月下旬号-No-1782/dp/B07D32923K/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1528243400&sr=8-2&keywords=キネマ旬報+雑誌
外部リンク
最新の記事
「ザ・プレデター」(The ..
at 2018-09-15 16:55
HARD TIME(第一話パ..
at 2018-09-08 10:49
「アントマン&ワスプ」(An..
at 2018-08-31 17:23
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」(Guardinas of the Galaxy Vol.2, 17)

 銀河の新たな危機に、あの人たち(人じゃないメンバーも含む)が挑む第二弾。

 とりあえず、今回も面白い。

 とりあえず、というのは、今回は一作目からの"家族"のテーマが更に拡大、深化されて展開されている分、特に主人公スターロードの無責任ヒーローぶりが、いくぶん抑え気味になっているところが少々寂しいからである。

 そのぶん、ロケット、ベビー・グルート、そして特にドラックスのキャラが目立つようになって、前作以上にのびのびとやっているので、プラマイ・ゼロというところか。

 年寄りの映画ファンにとって、ゼロをまたプラスにしてくれるのは、ベテラン俳優たちが活躍しているところ。

 スターロードの父親エゴがカート・ラッセル。「バーニング・オーシャン」、「ワイルド・スピード: アイス・ブレイク」そして、この作品と、近所のシネコンでラッセル出演作品が三本同時に上映されているなどという素晴らしい時代が、再び巡ってくるとは…。

 前半の設定で驚かされ、実はXXXが○○○の続編だった!みたいに、実は、これは「スターマン」の続編だったのか! でもあれはラッセルじゃなくて、ジェフ・ブリッジスだったよな?などと年寄りらしく勝手に喜んでいると、途中から雲行きがアヤシクなってくる。「スター・トレック5/新たなる未知へ」(89)を思い出したりした。

 スタローンの出番は、これだけかよ?と思っていると、あとから美味しいところを全部持って行くので、これは嬉しい。

 しかも、あの人も、この人も、スタの仲間としてちらりと顔見せ。ジェームズ・ガン監督は、こちらのチームのスピンオフを検討しているとのこと。
 ありがとう、ガン!

 最大の驚きは「クリフハンガー」(93)でスタローンと、「トゥームストーン」(93)でラッセルと共演していた、性格俳優のマイケル・ルーカー(ヨンドゥ)が一番の儲け役、泣かせ役だったこと。

 ヨンドゥが必殺の武器を取り戻して、叛乱を起こした部下たちを皆殺しにする場面は、PG-13でいいのか?と思うくらい、残酷な見せ場になっている。ガンの音楽の使い方が秀逸なので、余計にグロテスクさが強まる。

 エンド・クレディットのダンスに、ちらりとジェフ・ゴールドブラムも登場。ハワード・ザ・ダックも、しっかり出演。

 なんだかんだで、今回も楽しく、懐かしいパーティでした。

 三部作の最後になるという次も、よろしくお願いします。

 その前に「アベンジャーズ」が、あるか。





映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス ポスター 42x30cm Guardians of the Galaxy Vol. 2 ピーター クイル スター ロード クリス プラット ガモーラ ドラックス ベビー グルート ヴィン ディーゼル ロケット ブラッドリー クーパー ガーディアンズ オブ ギャラクシー



スターマン [Blu-ray]
スターマン [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.05.15
Happinet(SB)(D) (2015-07-24)
売り上げランキング: 39,815




クリフハンガー [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 40,708




トゥームストーン [DVD]
パイオニアLDC (1998-11-21)
売り上げランキング: 111,120












 最新号。連載は(日本では現時点で幻の)「ロアーズ」のこと。「世界のスター TOP10 U40 男優篇 」というのも、書きました。

キネマ旬報 2017年6月上旬特別号 No.1747







 

by broncobilly | 2017-05-20 19:05 | 映画評
<< 「夜に生きる」(Live by... 「LION/ライオン 〜25年... >>