おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新号
https://www.amazon.co.jp/キネマ旬報-2018年11月上旬特別号-No-1793/dp/B07HSLVBTN/ref=sr_1_3/357-6990759-6652933?s=books&ie=UTF8&qid=1540598296&sr=1-3&refinements=p_lbr_one_browse-bin%3Aキネマ旬報
外部リンク
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(19)

 「ジュラシック・ワールド」だったイスラ・ヌブラルで火山活動が活発化。島に残された恐竜たちが全滅する前に少しでも救おうと、前作のヒーロー+ヒロイン、クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードが仲間たちとともに向かう。

 「ハン・ソロ」にワクワクできなかったので、楽しめるかどうか心配だったのだが、いやあ、主人公たちが島に上陸して、恐竜さんたちが続々と登場してくると、やっぱりテンションが上がります。今回は噴火のスペクタクルもたっぷりで、「火山映画」+「恐竜映画」の楽しさがあり実に楽しい。楽しいなあ、なんで「ハン・ソロ」はダメだったのに、こっちは楽しいのかなあ、と思ったのだが、結局グッとくるような「画」があるかどうかの違いなのだと気付いた。ロン・ハワードは優れた監督だが、「話」を語る人で「画」を見せる人ではないのだと思う。スピルバーグの「E.T.」やルーカスの「スター・ウォーズ」は「話」だけでなく、いやもしかすると「話」以上に「画」が魅力だった。ハワードの「コクーン」は「話」の映画だったのだ。

 「画」を見せるという意味でもJA・バヨナ監督の起用は大成功で、うわあ、いいなあ!と思える「画」が続けざまに登場する。

 誤解のないようにもう一度書くけど、ハワードは素晴らしい監督である。でもやっぱり、SWには向いていなかったのだと思う。

 ブライス・ダラス・ハワードとジェラルディン・チヤップリン、ジェームズ・クロムウェルが顔を揃える場面では、ロン・ハワードの娘とチャーリー・チャップリンの娘とジョン・クロムウェルの息子が並んでるよ!と、ミョーなところにコーフンしてしまったのだが、主人公たちの島での冒険が始まってからも、アメリカにあるクロムウェルの豪邸の場面が度々インサートされ、てっきり(こっそりと)島について行って、お約束の「足手まといになる子供」の役割を演じるのだろうと思っていた少女が屋敷内をチョロチョロしている。なんだか変だぞと思って見ていると、なんと火山噴火のクライマックスは物語の中盤で終わってしまい、後半はクロムウェルの屋敷が舞台となるのである。予告編に出てくる映像も、すべて前半から。

 予告編詐欺じゃん!「炎の王国」ってタイトル詐欺じゃん!と思ったが、原題は「崩壊した王国」で、後半の展開に合っており、終盤のメッセージ(そして考えうるシリーズの今後の展開)にも含みを持たせているので文句は言えない。

 屋敷に運び込まれた恐竜たちから、迷路のような大邸宅内を駆けずり回って逃げる登場人物たち。こっちの方がよっぽど、「メイズ・ランナー」だよ。

 「アメリカン・ホラー・ストーリー」第二シーズンで、あの病院の院長だったクロムウェルとか、「羊たちの沈黙」のバッファロー・ビル、テッド・レヴィンとか、濃い人たちが揃っているところに(ハエ男も出てるもんな)、トビー・ジョーンズまで登場するので、ほとんどホラーの世界。大自然の中の恐竜たちは「怪獣」だが、ゴシック・ホラーに出てきそうな屋敷に跳梁跋扈する起用龍たちは異世界からやってきたガーゴイルかケルベロスみたいで「魔物」っぽい。この後半も新鮮で楽しめたのは何より。

 「永遠のこどもたち」を撮った人だから当然だが、バヨナ監督は後半でも、前半とは違った意味での、素晴らしい「画」をたくさん見せてくれる。

 「一粒で二度美味しい」(古くてすいません)とばかりに楽しんだのだが、唯一残念なのはクリス・プラットの主人公が、ただ状況に反応して走ったり、殴ったり、撃ったりしているだけで、前作と比べても描き方が平板になってしまっていること。特に彼のオールアメリカンなキャラはねゴシックホラー風の後半に合っていないような。M・ナイト・シャマランとかラース・フォン・トリアーの映画に出ているブライス・ダラス・ハワードはもちろん、びくともしない。

 「最後のジェダイ」がそうだったように「炎の王国」も、シリーズ(フランチャイズ)の方向性を大きく変えるものになっている。

 そして「炎の王国」はシリーズの新たな展開に期待を持たせてくれる秀作である。



by broncobilly | 2018-07-14 09:44 | 映画評
<< 落ち穂拾い 「TAU/タウ」(TAU,18... >>