おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新号
https://www.amazon.co.jp/キネマ旬報-2018年11月上旬特別号-No-1793/dp/B07HSLVBTN/ref=sr_1_3/357-6990759-6652933?s=books&ie=UTF8&qid=1540598296&sr=1-3&refinements=p_lbr_one_browse-bin%3Aキネマ旬報
外部リンク
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ボヘミアン・ラプソディ」(Bohemian Rhapsody, 18)

 ずいぶん昔のことになるが、当時同僚だったアメリカ人の教員と話していて、ぼくよりずっと年上だった彼はゲイリー・クーパーと同じ出身地で、そこには小学生だったクーパーが馬に乗って通学していたという話が、まことしやかに伝わっていると教えてもらった。「まあ作り話だろうが、真実であるべき作り話だよね」と彼。

 フレディ・マーキュリーと、バンド、クイーンの伝記映画である「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディを演じることになっていたサシャ・バロン・コーエンは完成したシナリオを読んで「きれい事だ」と降板した。

 確かに「ボヘミアン・ラプソディ」を観ていると、特に中盤から終盤にかけては、本当ならもっとどろどろしていそうなところを、綺麗に「いい話」にまとめている気配が濃厚である。
 ブライアン・シンガーがフレディ役のラミ・マレックと衝突して途中降板し、デクスター・フレッチャーが残り部分の撮影と全体の編集の指揮を執ったことも、「いい話」としての出来上がりに関係しているのかもしれない。

 批評家からと一般観客からの評価が乖離するのは珍しいことではないが、この作品の場合は特に著しいことが話題となっている。

 確かに「批評家」として観れば、当たり障りのない「偉人伝」、「きれい事」にまとめた、深みのない伝記映画にしか見えない。

 でも、それでいいのだ。クイーンやフレディやロックのファンが観たいのは、こんな作品であり、この物語であり、ここにいるフレディなのだから。

 「深み」なんて、クイーンの曲が次々とかかることで充分に与えられているのだから。

 「ボヘミアン・ラプソディ」は「真実であるべき(ところどころ)作り話」で、「真実であるべき作り話」を「伝説」と言う。ファンが求めているのは「伝説」なのだ。フレディの物語なのだから。

 もうね、「音楽が終わり、最高に盛り上がっているところで、グズグズせずに、さっと終わる」という音楽映画の鉄則を遵守している時点で、これはもう(「伝説」を描く)素晴らしい作品であります。
 日本のロック映画は、このあたりが決定的にダメだ。武士の名前でタイトルは挙げないが「デトロイト・メタル・シティ」とか「少年メリケンサック」とか(「音量を上げろタコ!」は未見)。

 マイク・マイヤーズが、どうでもいい役で出ていると思ったら、「あのセリフ」を言わせたかっただけなんですね。

e0160746_07502159.jpeg



by broncobilly | 2018-11-12 07:50 | 映画評
<< 「バスターのバラード」(The... 「ザ・アウトロー」(Den o... >>