おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新号
https://www.amazon.co.jp/キネマ旬報-2018年11月上旬特別号-No-1793/dp/B07HSLVBTN/ref=sr_1_3/357-6990759-6652933?s=books&ie=UTF8&qid=1540598296&sr=1-3&refinements=p_lbr_one_browse-bin%3Aキネマ旬報
外部リンク
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「シリアの花嫁」The Syrian Bride(04)

 イスラエル占領下のゴラン高原にある村。一人の女性がシリアへ嫁ごうとしている。ほんの目と鼻の先にある"境界"を越えればシリア。だが、占領により"無国籍者"となってしまった村人たちのひとりである彼女にとって、隣国(というより地理的には"隣村のようなものなのだが")であるシリアは、どこよりも遠い場所。一度境界を越えて新しい家族の一員になれば、二度と今までの家族には会えなくなるのだ・・・。
 という設定からは、重厚で深刻ぶった作品を思い浮かべるかもしれないが「シリアの花嫁」はきわめて軽快なタッチで、花嫁とその家族、そして周囲の人々の様子を描いていく。
 アンサンブル・キャストの中でも花嫁の姉役ヒアム・アッバスがラストに見せる悲しみ、喜び、希望が渾然一体となった表情は特筆ものだ。
 女たらしの兄を演じているアシュラフ・バルフムの軽妙な巧さにも感心した。「キングダム 見えざる敵」を観て、いい役者だな、と思ったのだが、「シリアの花嫁」でもとてもいい。これから注目していきたい人だ。
 村は中東の国際社会の縮図となり、戦い、交渉、個人(国)のメンツなどが様々な悲喜劇を生んでいく。エラン・リクリス監督の演出はテンポがよく、しんみりとした部分とユーモラスな部分の組み合わせがうまくいっている。
 スハ・アラフとリクリスによる脚本は多彩な人物の出し入れが巧みだ。占領に対する怒りはもちろん表明されるが、イスラエル側を一方的に糾弾するわけでもない。占領者を古い伝統に対する破壊者として描くだけではなく、村社会の因習そのものに対する怒りも込められているのだ。
 官僚主義や思惑でがんじがらめになった花嫁がラストに取る行動は実に感動的だ。政治、面子、規則、因習etc.にとらわれてしまった時、人間は何をすればいいのか? とにもかくにも、自分の幸せを求めて思った通りに行動するしかないではないか。一人の花嫁の行動は、グローバリゼーションやらボーダーレス社会やらのために、より自由になるはずが、より不自由になってしまっている、ぼくたちみんなへの希望のメッセージなのだ。
 映画・ドラマ

by broncobilly | 2009-01-10 09:00 | 映画評
<< 喬太郎独演会 「チェ 28歳の革命」Che ... >>