おにがしま


映画批評家      鬼塚大輔      による映画評その他なんだかんだブログであります。
by broncobilly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新号
https://www.amazon.co.jp/キネマ旬報-2018年11月上旬特別号-No-1793/dp/B07HSLVBTN/ref=sr_1_3/357-6990759-6652933?s=books&ie=UTF8&qid=1540598296&sr=1-3&refinements=p_lbr_one_browse-bin%3Aキネマ旬報
外部リンク
最新の記事
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2018年 08月 31日 ( 1 )


「アントマン&ワスプ」(Ant-man & the Wasp, 18)

 MCUの最新エントリー。今回はアントマン/スコット・ラング(ポール・ラッド)が、量子界で行方不明となったままの、ピム博士(マイケル・ダグラス)の妻でありホープ/ワスプ(エヴァンジェリー・リリー)の母であるジャネット(ミシェル・ファイファー)の救出を手伝おうとする。 この救出に必要なのがピム父娘の秘密研究所で、物質を通り抜けられる'ゴースト'(ハナ・ジョン=カーメン)やら、故買屋バーチ(ウォルトン・ゴギンズ)やらが絡んで争奪戦を繰り広げることとなる。 

 争奪戦の鍵となる、いわゆる'マクガフィン'というやつは、昔なら鍵とかマイクロフィルムとか、最近ならUSBとか、まあとにかく小さなものが普通で、大きな場合でも自動車程度なのだが、この作品ではビル一棟ですからね。でも、小さめのキャリー・バッグ程度の大きさにいつでも縮小できるので、みなさんホイホイと手軽に獲り合っておられます。 

 でもさ、分子間の空間を圧縮することで小さくなったり、圧縮によってパワーが生まれたり、空間を拡張することで巨大化するという設定だったよね。てことはビルを縮小しても、重さはまんまビル一棟分のままじゃないのかね。 前作で戦車をキーホルダーにしてポケットに入れているピム博士を観たときも、凄いなあと思ったが、今回も皆さん腕力ありすぎ。サノス様より凄いとはいわないが、どの登場人物もソーとかハルクよりも遙かに怪力だな。 

 などと、わかっていても野暮な突っ込みを入れたくなるのは、作品世界のアホらしさ(←褒め言葉)を充分に楽しんだからで、今回ものんびり笑って楽しめるのは有難い。 主人公を演じるラッドも達者だが、今回は親友役のマイケル・ペーニャが炸裂しています。 

 FBIのウー捜査官を演じるランドール・パークの独特すぎる笑顔に見覚えがあるなあ、と思ったら、The Interviewで'あのお方'を演じた人だったんだな。ウー捜査官、コミックスの世界どおりだと、今後非常に重要な役割を担うはずなのだが、まあそれはともかく、今回もパークさん好演です。 

 「インフィニティ・ウォー」の後なので、人死にや残酷場面がなく、世界を滅ぼそうとか支配しようという悪者が登場せず'ゴースト'も、まあ気の毒だよなあだし、バーチ一味も小者感漂いっぱなしだし、ちんまりとした世界間の中で家族ドラマをドタバタとやっている感(量子世界は無限なのだが)が良いねえ、などと思っていたらオマケ映像で、こう繋げてきましたか。 

 アントマンとワスプが登場するという、次の「アベンジャーズ」絶対に観なくては(出てなくても絶対に観に行くけど…)。


by broncobilly | 2018-08-31 17:23 | 映画評